部位によって異なる効果

レディ

手軽で人気の施術方法

美容外科で行われる施術のひとつにボトックスがあります。ボツリヌス菌のたんぱく質から作られているのですが、様々な美容効果を齎すということで近年では需要が増加している施術方法です。そもそもボトックスにはどのような効果があるのかと言うと、筋肉を弛緩させる効果が期待できます。弛緩させることでのメリットは注入部位によって異なります。しわが気になる人はしわ部分に注入すれば筋肉をなだらかにさせることが出来るのでしわのへこみが軽減されます。張りの強いエラに注入すれば咬筋が委縮して細くなるので小顔効果も期待できるでしょう。ふくらはぎや肩回りなど、筋肉太りの気になる部分に注入すれば時間をかけて筋肉が段々細くなります。このようにボトックスはどこの部位に注入するかで効果が変わってくるのです。注入の仕方は簡単です。気になる部位に注射器を用いて成分を体内に入れます。これだけでOKなのです。痛みに弱いタイプの方は麻酔薬を塗布してから注射するので痛みも軽減されますし安心です。まず、カウンセリングを行ってどこにどれくらい注入するのかを決定します。その際に痛みに弱い人は医師に伝えておきましょう。麻酔を行うかどうかもカウンセリング時に決まってきます。注入するボトックスの種類や量によって料金が異なりますので料金に関しても明確に提示してもらった方が安心です。注入してから部位によって多少異なりますが、大体半年程度で効果が失われてきますので、定期的に注入することで理想の状態を維持させることが出来るようになります。ボトックス注射の存在を知っている人は多いかもしれませんが、実際にどのような効果があるのかを明確に把握している人は少ないでしょう。美容に興味のある方は別ですが、美容に興味がない場合は名前だけ知っているけれども目的や用途が分からないというパターンも珍しくないのです。ボトックスは痙攣や多汗症の治療として使用されているものです。近年では美容目的で使用されることも増えてきました。美容外科や美容皮膚科で施術を受けることが出来るのですが、実は注入する場所によって得られる効果が異なるのです。大きく分けて若返りや痩身、小顔目的で使用されるケースがほとんどです。簡単に言うとボトックス注射をすることによって筋肉に直接成分が作用して、一時的ですが筋肉の働きを緩めることができます。筋肉は動くことによって発達していきますので、動きを和らげることによって発達した筋肉を委縮させていくことができるのです。しわは主に表情筋によって作られているものに対して効果を発揮します。表情筋の癖によって深くへこんでいる場合は筋肉の動きを抑制すればへこみが軽減されます。従って、しわが目立たなくなるのです。痩身目的で使用する場合は脂肪太りではなく筋肉太りに対して効果を発揮します。脂肪太りが気になる場合は脂肪吸引すべきですが、ふくらはぎなど筋肉が発達して太く見える箇所に関してはボトックス注射を行うことによって筋肉が細くなりますので痩身効果が期待できます。小顔に関しても同様です。施術時間も数分で完了するので手軽さも人気の理由となっています。